栄養補助として使う!

生活習慣病になっている人や、その予備軍などを合わせると、相当数の人数になる。その原因のひとつが食生活の乱れと言われている。

昔と違って、外食が多くなってきて、嫌いなものは食べないで、どうしても好きなものだけを食べがちな環境が出来上がってきているのである。
そのため、栄養の摂取でみると偏りが出てきてしまうのは、まあ自然の流れと言ってしまうこともできる。

しかし、そんな食生活を続けていると、カラダに不調のサインがきっと現れくるはず。

そこで、その足りない栄養分をサプリメントで補うことがひとつの解決策となる。
これはいわゆるベースサプリメントと言われているものだが、普通の食品から取ることができる栄養素に近い形で摂取できるものである。
この栄養素はカラダの基本となるものがメインとなっている。
マルチビタミンやマルチミネラルといった名前を聞いたことがあるのでないだろうか。

具体的にいえば、ビタミン、ミネラル、繊維質、乳酸菌といったカラダの必須栄養成分である。

これらの栄養素を上手くサプリメントでバランスよく取り入れていくことが望ましいのでは。

取るときにも頭に入れておきたいのは、その栄養素の特性。
例えば、ビタミンB群やビタミンCはビタミン群のなかで水溶性の特性をもっている。なので、沢山取ったといって、全部が吸収されるのでなく、尿などで体外に輩出されやすいものである。
こうしたことも考えていくのも大切かもしれない。

機能向上として使う!サプリメントって